鎮痛剤は子どもも飲んでいいのか

子どもでも痛みを感じたり、熱が出たりすることはありません。
大人がそのような症状が出た時には、自分で薬を飲んだ方がいいと判断して薬を内服することは可能です。
もしも発熱や痛みがあるといった場合は、解熱鎮痛剤を選択することもあるでしょう。

しかし子どもの場合は、自分の症状をうまく人に伝えられないこともあります。
また伝えようとしても、その表現があいまいであるため、どこがどの程度痛いのかということが、大人が理解できないこともあるのです。
しかし、子どもといえど、強い痛みや高熱があると、放っておくわけにはいきません。
何らかの対処が必要になります。

そこで大切なのが、やはり子どもには、小児用の解熱鎮痛剤を使用するということです。
やはり大人と子どもでは、体重や身長が異なります。
薬を飲む時には、基本的に体重に合わせた量を飲むことが大切です。
自分ではその適量がわからないので、子どもに解熱鎮痛剤が必要な状況になれば、病院にいって処方してもらうのが一番安心です。
自己判断で解熱鎮痛剤や鎮痛薬を内服するのは危険。
それは薬の量が合わなければ、強い悪影響が出ることもあるから。

小児科に行くと、良く処方される解熱鎮痛剤の1つがカロナールという薬です。
このカロナールはアセトアミノフェンと呼ばれ、比較的悪影響の出ないタイプの薬です。
そのため小児の第一選択役になっていることが少なくありません。

せっかく薬を飲んだのに、悪影響が出ては困りますね。
体が冷えすぎる、血圧が低いなどがあると心配です。
しかしアセトアミノフェンであるカロナールは、緩やかに作用し効果を発揮するので、悪影響を出すことなくしっかり効果だけ出してくれるのです。

小児の場合は、痛みや熱があるとぐったりしていることが多いです。
また水分が取れない、食事がとれないということにもなり、脱水などを起こしかねません。
しかしカロナールを飲んで元気になると次第に体力も回復していきます。
体力が落ちてしまうと、なかなか病気が治らないこともあることから、早めに対処してあげることが大切です。

妊婦が飲んでも鎮痛剤とは

では妊婦は鎮痛剤を飲んでも問題ないのでしょうか。
妊婦はお腹の中に赤ちゃんがいるという状態。
そのため薬を飲む時には、胎児に悪影響を与えない物を飲むべきです。

妊婦だって、自己管理に気を付けていても風邪を引くことだってあります。
自分が気を付けていても、周りが風邪を引いてうつることだってあります。
また妊婦で体重が増加することにより、体の節々に負担がかかって、関節に痛みが出ることもあります。
そんなことを改善するのに大切なのが鎮痛薬。
この時にカロナールを使用することによって、胎児に悪影響を与えることなく、自分の身体の問題を解決することが、出来るのです。

これまでいろいろな薬を飲んできたから、妊娠してもこれまでと同じ鎮痛剤を使用しても大丈夫ではないかと思っている妊婦さんもいます。
しかしながら、妊娠をするということは、胎児がいるということ。
そのため自分のことだけではなく、胎児のことも考えて薬を飲むことが大切です。

それを一番適切に理解しているのが、産婦人科。
特に妊娠中は体調や体質、また妊娠周期などの兼ね合いもありますから、もしも体の不調を感じた時には、自分のかかりつけの産婦人科に行くのがいいでしょう。
自分のこれまでの経過を知っている医師が処方してくれるのですから、安心して使用することができます。
また胎児にも悪影響を与えません。

妊娠すると薬を飲めないのでは?と心配な妊婦さんも少なくありません。
しかし妊娠中でも内服できる薬はあるのです。
また体の不調をそのままにしていると、身体的にも精神的にも悪影響が出ることもあります。
妊娠をしているといういつもとは違う状態であるからこそ、妊娠中に適した薬を内服して問題の改善に努めるべきなのです。