生理痛の痛みには低用量ピルがおすすめ

若い女性なら誰でも経験する生理痛は、主に生理前などに起こりやすくなるため症状の重い方などは早めにイブ、バファリンなどの鎮痛剤などを利用して痛みを緩和させることが重要になります。
軽い生理痛であればドラッグストアなどで手に入れることができるイブ、バファリンなどの市販の鎮痛剤で痛みをカバーすることは可能ですが、人によっては生理痛が重い症状になる方も多く、下腹部の痛みをはじめ頭痛や倦怠感、吐き気など様々な症状で動けなくなってしまうなど生活に影響が出てしまう方には低用量ピルが効果的だと注目されています。

ピルというと避妊薬として利用されることが多いですが、低用量ピルには避妊の他にも生理自体が軽くなり生理痛や出血量が減ったり、生理のくる日をコントロールし生理周期を安定させる事や、宮内膜症の予防や卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らすなど健康面でのメリットも多い特徴があります。

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが、排卵を一時的にストップさせる働きがあるので、卵巣から黄体ホルモンと呼ばれる子宮内膜に働きかけるホルモンの分泌が抑えられることで、子宮内膜の収縮が減り生理痛が抑えられるようになりますし、黄体ホルモンの分泌が抑えられるとプロスタグランジンの量も同時に減るため、生理時の出血量が減ったり出血をした際の痛みも軽減させることが可能です。

そのため重い生理痛で体の調子が悪くなってしまうほど、低用量ピルを利用して生理時の痛みや出血を抑える効果が出やすく、普段通りに過ごすことが出来るようになるメリットがあります。
またピルを服用することで生理周期をコントロールすることができれば、長期間の旅行など出かける用事がある時に合わせて生理をストップさせることも可能になりますので、最近では若い世代の女性も積極的に婦人科で低用量ピルを処方してもらうことも珍しくなくなってきているなど手軽に利用する方が増えてきています。

低用量ピルは飲み方がポイント

女性ホルモンの変化によって起こる様々な症状を軽減させることが出来るメリットがあることから、低用量ピルを利用する女性は増えてきていますが、ホルモンバランスを変化させるほどの効果があるため低用量ピルを服用する場合は用法用量をきちんと守ることや、服用する際に生じる副作用の症状をきちんと理解しておくことが重要になります。

人によってピルを服用する際に感じる副作用の症状は異なりますが、一般的に吐き気や頭痛、悪心などの症状が出てしまう可能性があります。
特に血管障害、冠動脈疾患、糖尿病などの治療を受けている方や、35歳以上で1日15本以上喫煙している人、高血圧の方は低用量ピルを服用してはいけない事になっているので、まずは自分自身がピルを服用することが出来るのか医師に相談してみることが重要になります。

また健康上ピルを服用しても問題がない場合でも、梗塞や心筋梗塞など非常に重い副作用が起こってしまったケースもあるので飲む際には用法用量をきちんと守り、体に不調が現れた際にはすぐにかかりつけの医師に相談をするようにしましょう。
最近では海外メーカーの低用量ピルを処方箋なしで代理輸入を行ってくれるオンラインサイトを利用することで手軽に購入することが出来るようになっていますが、体に強い影響力がある薬剤なので初めて利用する方はきちんと婦人科などで処方してもらう事が安全です。

ピルには21錠タイプと28錠タイプがありますので、21錠タイプの場合は、21日間毎日服用した後7日間服用を休止し、その後にまた21日間の服用を再開する必要があります。
28錠タイプは、飲み忘れが無いように毎日服用する必要があるので飲み忘れが無いように注意する必要があります。