片頭痛には市販の鎮痛剤は効果が薄い

日本人の3人に1人は頭痛もちと言われています。
頭痛は緊張型頭痛と片頭痛の大きく2つに分類されていましたが、近年では大後頭神経痛がそれに加わっています。
これは後頭部がキリキリ痛むというもので特徴は首の方から上に向かっての痛みです。
その原因としては猫背やストレートネックなどの姿勢の悪さや、大きなストレスによる自立神経の乱れなどが考えられています。

片頭痛は日本人の約8パーセントが経験のある頭痛で、思春期から中年の人に多くみられ、特に女性に多い頭痛です。
痛みも軽度のものから非常に辛いものまでさまざまであり、発生部位も特定の場所であったり位置が変わったりと、これも様々です。

また、片頭痛では目の前にチカチカとした光が見える閃輝暗点と言われる前兆のあるもの、前兆とまではいかなくても生あくびや肩こりなどの前駆症状のあるもの、まったくそれらの症状のないものと3つのパターンがあります。
片頭痛には特定の検査方法はなく、患者さんの症状や訴えと医師の持っている知識を総合して診断名が決定される病気なので正確に自分の症状を伝えることが大切です。

さて、治療になりますが大きく二つになります。
一つは急性期、つまり頭痛発作が起きた時に使用する急性期治療と発作を予防する予防治療になります。
予防治療は急性期治療が効果が無い場合や発作の回数が多い場合に追加する治療になります。
急性期には一般的な消炎鎮痛剤があります。
これは市販薬でもあるのですが、発作が軽度の時には有効な場合もありますが、痛みがひどくなったときには効果がありません。
市販薬で手軽に使用できるために使いやすい薬ではあります。
また血管収縮抑制効果のある薬にエルゴタミン製剤があります。
これはトリプタン系薬剤が出現するまでは主として使用されていたものですが、やはり痛みがひどくなってからは効果が薄い薬剤です。
現在はトリプタン系薬剤が急性期治療の主流となっています。

予防療法に使用される薬としては抗うつ剤、β遮断薬、抗てんかん薬、塩酸ロメジンがありますが、塩酸ロメジンは保険適用になっています。

片頭痛に効果的なトリプタン系薬剤

トリプタン製剤は片頭痛に特異的な治療薬です。
脳の血管と三叉神経に作用して片頭痛の根本的な原因をピンポイントで抑えることのできる治療薬です。
治療薬で片頭痛を治すことが可能ですが、この薬剤は処方薬で市販はされていません。

片頭痛はズキンズキンと脈打つような痛みが特徴です。
頭の血管が広がり心臓の拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わることで生じると言われています。

能の太い血管が拡張するとその周辺を取り巻いている三叉神経が圧迫されます。
その刺激により三叉神経から神経ペプチドと呼ばれる痛みの原因となる物質が放出され、それにより血管の周囲が炎症を起こします。
すると更に血管が拡張するという悪循環が起こってきます。
その刺激が大脳に痛みとして伝えられる過程で視神経や嘔吐中枢などにも刺激が伝わるので閃輝暗点や嘔吐などの随伴症状も起こってくるというわけです。

このような痛みの過程を考えると発作時に鎮痛剤の有効性が低いことが分かるでしょう。
頭痛発作の症状を改善するためには血管の拡張を抑えることと三叉神経に働きかけることが大切であるということがわかります。

また東洋医学では片頭痛に効果のあるツボもいくつか挙げられています。
ツボ押しは要領を会得すれば自分でもできるものなので試してみるのもよいでしょう。

前記入の大後頭神経痛とは大きく痛みの種類が異なってきます。
大後頭神経痛は猫背などの姿勢の悪さが原因となりますが、これは前かがみになるために首に大きな負担がかかることによります。
これらの症状はツボ押しなどで改善されることも多く整体治療の対象にもなります。

いずれにしろ頭痛の原因と対処法はとても重要になってきます。
自立神経の乱れによって生じることもあり医師の診断手腕にかかることも大きく、医師選びも大切です。
今では頭痛外来など、専門的に頭痛を扱っている外来もあるので安易に頭痛薬を服用するのではなく、専門家に相談するとよいでしょう。