タミフルは日本で発売され服用後、異常行動で亡くなられた方が多く話題になりました。タミフルが原因かは不明ですが、海外ではそれほど問題視されていないようです。なぜ、日本人にだけ多く異常行動が見られるのでしょうか。その関連性が気になるところです。

気管支喘息長野県状況とタミフルでの治療

長野県状況として気管支喘息の患者は年々増えつつあります。長野県は自然の豊かな避暑地として有名な土地柄ですが、年々都市開発が進んで自然が激減し排気ガス問題なども非常に深刻になっています。自然の緑、土の道路や広場が少なくなることで花粉の被害も増大しています。長野県状況として花粉症やアレルギー被害も大変多くなっています。花粉症やアレルギーによる咳や鼻水などが悪化して慢性的な気管支喘息を患う人も非常に多くなっています。気管支喘息の症状は咳が酷く、夜中に一層ひどくなり眠れなくなることが多々あります。寝不足が続くと朝起きられなくなったり、免疫力がますます弱って体に不調をきたすことになります。気管支喘息患者で特に問題になるのがインフルエンザ感染だと言えます。もともと喘息で咳が酷いうえにさらに咳が出てしまうので呼吸困難になり命を落とす人も少なくありません。長野県状況としても冬に喘息患者がインフルエンザを併発し命を落とす確率が非常に高くなっています。喘息患者は冬場少しでも喉に異変を感じたり全身の激しい倦怠感に苛まれるようであれば、早急に医療機関を訪ね適切な治療とケアを受けることが大事です。最近医師によってはインフルエンザの治療にリレンザを処方するケースが増えています。それはタミフルでは人によっては稀に気候や幻覚などの副作用が見られる場合があるからです。しかし喘息患者がリレンザを服用すると肺に薬が充満し、それに対してアレルギー反応を起こして咳が止まらなくなってしまい呼吸困難に陥る場合があります。そのため喘息患者のインフルエンザ治療にはできるだけ吸入薬のリレンザではなくタミフルで治療するようにしなければいけません。青少年にタミフルを処方する場合は親の監視下で服用することが大事です。