ロキソニンとボルタレンはどちらが強い?

高い効果を期待することが出来る鎮痛剤として、知名度・利用者が多いのがボルタレンとロキソニンです。
ロキソニンはドラッグストアでも購入することが出来ますので、常備薬として用意しているという人も多いようです。

ロキソニンとボルタレンにはいくつかの違いがあります。
まず、鎮痛作用が高く、強いのが、ボルタレンです。
効果が高いというメリットはあるものの、効果があらわれるまで時間がかかります。
また、医師の処方がなければ購入することが出来ない薬であるという事も特徴です。
副作用としては、胃の不快感や食欲不振、吐き気、口内炎などがあります。

一方のロキソニンは鎮痛作用はボルタレンに劣りますが、即効性に優れているというメリットがあります。
副作用についてはボルタレンよりも弱いものの、胃が荒れやすい傾向にありますので、服用の際には胃薬も同時に処方される場合があります。

ロキソニンもボルタレンも、服用しても鎮痛効果が見られないという場合でも、必要以上に多く服用するということは避けるようにしましょう。
また、妊婦の使用は禁忌となっていますので、服用しないようにしましょう。

鎮痛剤は医師に処方されるということが基本です。
もし、服用しても効果を得ることが出来ないという場合には、自己判断で薬を組み合わせて服用したりせずに、医師や薬剤師に相談をした上で服用をするようにしましょう。

多く服用したからと言って、すぐに効果があらわれるということはありません。
副作用のリスクが高まるだけですので、注意が必要です。
薬を服用し、体調に異変をきたした場合には、必要に応じて医師の診察をうけるようにしましょう。

体質や原因によって、適している鎮痛剤は異なります。
何度も服用していると、以前に比べて効果が薄くなっているように感じてしまう場合もあります。
そのような場合も自己判断で服用量を増やすということは避けるようにすることが安全に薬を服用するためには大切です。

非ステロイド系鎮痛剤も効かない場合はどうするのか

非ステロイド系鎮痛剤を使用しても、効果が見られないという場合には、オピオイド鎮痛薬が使用されます。
これは、医療麻薬と呼ばれることもあります。
医療用麻薬は痛みの治療を目的に使用されるものであり、それぞれの状況に合わせて適切に使用するということが必要となります。

医療麻薬として日本で扱われているのは、トラマドールやモルヒネ、オキシコドンなどがあります。
モルヒネなどの医療麻薬は、市販されている鎮痛剤や非ステロイド系鎮痛剤に比べて、鎮痛効果が高いために、最強の鎮痛剤と呼ばれることもありますが、副作用が生じるリスクもあります。

副作用として挙げられるのが、嘔吐や便秘、眠気、幻覚、口内乾燥、排尿障害などです。
副作用が生じた時には、それぞれの副作用に対して適切な対処がなされます。

なお、医療麻薬については、錠剤や貼り薬、注射薬などの種類があります。
最強の鎮痛剤と言われる医療麻薬は、一般的な麻薬としてイメージされるものとは異なるものです。
乱用することで、重大な危害が生じることもありますので、使用時には十分な知識と注意が必要となります。

医療麻薬を注射したり、使用する時には必ず医師の指導のもとで行われます。
その為、使用したからと言って、依存症状が見られるということはほとんどないと言われています。

痛みが強い場合、それを我慢する必要はありません。
正しい知識を持って痛みに対処することで、生活を豊かにすることが出来る場合もあります。
一度医療麻薬を使用しても、痛みが軽減されたら徐々に量を減らし、最終的には使用しなくても良くなることはあります。
まずは、痛みがあることを医師や看護師に伝えるというところから始めましょう。