タミフルは日本で発売され服用後、異常行動で亡くなられた方が多く話題になりました。タミフルが原因かは不明ですが、海外ではそれほど問題視されていないようです。なぜ、日本人にだけ多く異常行動が見られるのでしょうか。その関連性が気になるところです。

タミフルは5日間服用して加湿を心掛けよう

寒い時期になると毎年インフルエンザが流行しますが、地域によっては冬だけでなく夏にも流行することがあります。
いつ感染してもおかしくないインフルエンザですが、予防するためには毎年予防接種を受けたり免疫力を高めておくことが大切です。
自分では気を付けているつもりでも周囲にインフルエンザの人がいると、いつの間にか感染してしまうものです。症状としては突然高い熱が出たり、咳や鼻水、関節痛等が起こるようになります。風邪と症状が似ている部分もあるので、普通の風邪だと思ってしまい病院にかからずに市販の風邪薬を服用することもあるでしょう。しかし、39度から40度の高熱が出たら真っ先にインフルエンザを疑わなければなりません。
病院を受診するとタミフルが処方されることが多いでしょう。タミフルは近年インフルエンザの薬として広く使われており、症状が劇的に良くなる場合もあります。タミフルは5日分を処方されますが、熱が引いてくると服用をやめてしまう方もいるでしょう。5日分処方されているのにはきちんとした理由があります。タミフルを服用することで原因となっているウイルスを消滅させるのではなく、今以上に増殖することを止める効果があるからです。そのため5日間分全てを飲みきらないと、せっかく下がった熱が上がってしまうこともあるのです。
タミフルを服用したら睡眠をとり安静にしておく必要があります。室内が乾燥している時は加湿器を使用しましょう。乾燥した状態ではウイルスが感染しやすくなるため、一緒に生活している家族もインフルエンザにかかりやすくなります。加湿器を使用すれば湿度を保つことができるのでおすすめです。室内を加湿することで喉の痛みも緩和されるでしょう。