タミフルは日本で発売され服用後、異常行動で亡くなられた方が多く話題になりました。タミフルが原因かは不明ですが、海外ではそれほど問題視されていないようです。なぜ、日本人にだけ多く異常行動が見られるのでしょうか。その関連性が気になるところです。

タミフルは10代に使用禁止

タミフルは非常に強力な抗インフルエンザウイルス薬ですが、誰に対してでも使用できるのかと言われればそうではありません。
どのような薬であっても処方できない人はありますし、薬の内容やこれまでの情報などによっては、年齢や性別によって投与の禁止が指定されることがあります。
このタミフルにおいて服用ができないのは誰なのかというと、必ず注意をしなくてはならないのが10代以下の子供です。
タミフルは日本国内で最もよく利用される抗インフルエンザ薬の一つなのですが、処方されていた回数が多い分、副作用の報告も多くなっています。
その多くは一過性のもので時間が経過すれば回復するとされていたのですが、しかし大きな問題となったのが子供に発生した精神異常、異常行動の副作用でした。
これによって子供が二階から転落するという痛ましい事故が発生してしまったのです。
その後さまざまな検証が行われていった結果として、タミフルには妄想やけいれんなどの精神症状が副作用として現れることがあり得るという結論に至りました。
ただ発生率に関しては不明とされており、多くの場合は発生しないともされていました。
ですがしかし、そうした副作用があった以上は子供に服用をさせるということ自体がリスクとして捉えられてしまいます。
また日本国内ではかねてよりタミフルがあまりにも多く処方されていたという背景がありましたから、10代以下の子供に関しては服用をしないというように決定されたのです。
ですが現在、事前に医師からの説明を聞けばタミフルを服用しても問題は無いとするのがほとんどの意見です。
タ正しいタイミングで服用することができれば非常に高い効果を期待することができますから、服用が禁止されていないのであれば、服用することも選択肢に入れるようにしましょう。