タミフルは日本で発売され服用後、異常行動で亡くなられた方が多く話題になりました。タミフルが原因かは不明ですが、海外ではそれほど問題視されていないようです。なぜ、日本人にだけ多く異常行動が見られるのでしょうか。その関連性が気になるところです。

タミフルの服用間隔と空気清浄機の効果

インフルエンザの治療薬であるタミフルは、規定された使用方法を守り服用する事が大切です。この医薬品は年齢や体重により服用すべき量が異なり、服用する間隔や継続期間などにも差が出てくるケースが見られます。また、治療目的ではなく、インフルエンザの予防という用途では、服用する間隔にも差が出てくるケースがあるので、タミフルを服用する際には、それぞれの用途に応じた服用方法を医師や薬剤師の方に相談する事が必要です。
通常は、タミフルは半日程度の時間を空け服用する事が基本です。これは薬剤の有効成分の血中濃度と関係があり、六時間程度で血中濃度が高くなるために、半日程度の間隔を空けて一定期間服用し続ける事が求められます。
また、タミフルは継続した服用で効果を発揮する薬で、長い間隔を空けると、効率良く体内でのウイルスの増殖を防ぐ事が出来ません。それゆえに、インフルエンザの症状が回復しても、一週間程度は継続して服用し続ける事が大切な薬剤です。
また、インフルエンザ対策としては、主な感染経路となる飛沫感染を防ぐ為に、空気清浄機と加湿器の使用が効果的な方法とされています。ウイルスは温度と湿度が高い室内では繁殖する事ができません。とりわけ、湿度は空気中のウイルスに有効で、空気清浄機で室内の空気に動きをつけ、ウイルスに水分を含ませる事ができれば、ウイルスの生存率は飛躍的に低くなります。そのため、インフルエンザ対策としては、加湿機能のついた空気清浄機の使用は非常に効果の高いものとされているのが特徴です。
そのため、インフルエンザの流行している時期には、室内の温度と湿度を適切な状態に保ち、ウイルスの繁殖を抑える環境を構築する事がポイントとされます。