タミフルは日本で発売され服用後、異常行動で亡くなられた方が多く話題になりました。タミフルが原因かは不明ですが、海外ではそれほど問題視されていないようです。なぜ、日本人にだけ多く異常行動が見られるのでしょうか。その関連性が気になるところです。

インフルエンザに空気清浄機とタミフルの服用

従来の旧型の空気清浄機は、季節性の感染症を防ぐ事が出来ません。微小な細菌による空気感染を防止するには、加湿器の機能も兼ね備えた、電荷を帯びた原子などを発生させる特殊な機能を持つ空気清浄機が必要とされます。空気清浄機が特殊な物質を放出する事で、水分が空気にのせられて、感染症の原因となる細菌へまとわりつくのです。
幾つかの製品は空気に電荷を帯びた物質のみを発生させ、空気中の細菌の活動を低下させる事を目的としていますが、細菌の活動を効率良く弱める為には、細菌に水分をまとわりつかせるために、加湿器の機能を備えたものが効果的です。そのため、これらの加湿器の機能が付いた機器は、感染が拡大する低い湿度な時期に、より大きな効果を発揮します。
これらの機器は、冬場の風邪やインフルエンザの細菌が繁殖しやすい時期に大変役立つものです。また、インフルエンザ対策としては、これらの空気清浄機だけではなく、タミフルなどの感染症に特化した薬品を摂取する事が重要です。
タミフルという医薬品は、インフルエンザのウイルスに対して優れた効薬があり、発病後の二日以内に服用することで、体内でのウイルスの増殖を抑える事が可能とされています。そのため、インフルエンザに感染した際には、タミフルが処方されることが多くなっており、この感染症に特有の高熱や酷い倦怠感などの症状を軽くする事も可能なので、特効薬として多くの方に利用されているのが現状です。
タミフルを服用する際の重要なポイントとしては、解熱しても一週間程度は服用を継続する事が重要であるという点で、この薬で症状は改善しても、個々の体内からは細菌が発生している状態なので、周囲の方に細菌を広めないように注意する必要があります。