インフルエンザではだめ?使えない解熱鎮痛剤

インフルエンザ感染症の症状について全く知らない、という人は稀でしょう。
高熱が出て、倦怠感があり、筋肉痛や関節痛を併発する、といった具合に苦しい、というところは良く知られているとおりです。
しかし、高熱が症状として現れるのなら解熱鎮痛剤を使用すればいいのではないか、と考える人もいらっしゃるでしょう。
事実、インフルエンザの初発症状は上気道症状を中心としているために風邪と混同しやすく、市販の風邪薬によって解熱を図ろうとする場合もあります。
しかし、その判断が思わぬ危険を招く可能性があるのです。

解熱鎮痛剤の中には非ステロイド性抗炎症薬、通称NSAIDsという区分があります。
生体の炎症を引き起こす伝達物質を抑制することによって、炎症の進行を食い止めることによって発熱を軽微に済ませよう、とする薬剤です。
具体的な成分名にアスピリンがあります。

この非ステロイド性抗炎症薬、通称NSAIDsは一般の風邪には効果覿面で症状の寛解に一役買ってくれますが、アスピリンをインフルエンザ患者に投与してしまうと熱が下がらないばかりか脳にまで炎症性サイトカインという伝達物質の作用が働き、インフルエンザ脳炎を引き起こしてしまうリスクが跳ね上がるのです。

とりわけこれは子供に多く起こっているケースであり、発語障害、意識障害、奇行を伴うこともあるとても重い病態です。
そのため、インフルエンザ感染の疑いがある場合は万一の場合を考えてアスピリンによる解熱は図らないほうがいいでしょう。

なお、解熱鎮痛剤の中にはアセトアミノフェンなどの脳炎を引き起こすリスクのない薬剤も存在しています。
アセトアミノフェンもまた市販されている解熱鎮痛剤であり、比較的手に入りやすいのです。
しかし、素人判断で安全だと思って薬剤を使用すると思わぬ副症状、あるいは副反応を来たす可能性があります。
そのため、医療機関にどの薬剤を使えばいいか相談することが何より安全を期した治療法です。

インフルエンザだと思ったら病院へ行ってすぐ検査

インフルエンザ感染の初発症状は風邪と区別がつきにくいために、症状がインフルエンザ感染にしては軽い、と甘く見られたりします。
しかし、風邪と異なる筋肉痛や明らかな高熱に気が付いてからでは周囲にウイルスを既にばらまいている可能性があります。

そのため、自分の症状を明らかにして他者にうつさないよう万全を期すために病院や保健所などの医療機関でインフルエンザの検査を実施することが重要です。
こういった病院などの医療機関では抗インフルエンザ薬の貯蔵もありますし、いざ検査で陽性と分かっても罹患者に対する対応も慣れているので感染発覚後何をすればいいか、ということまで広くアドバイスを聞くことが出来ます。

しかし、このインフルエンザ感染に関する検査では感染初期にウイルスの存在を検知できない、という問題点があります。
簡易キットが反応できるほどまで、ウイルス粒子が増えていないことが原因とされており、一般にウインドウ期と言われるこの期間は確定診断に至れない、というのが実情です。

しかし、たくさんの症例を見てきた医師であればインフルエンザ感染の有無を経験的に判断できますし、抗インフルエンザ薬は予防的に使用することも可能な薬剤であるために感染疑い例では投与もやぶさかではありません。

どちらにしても、全てのスタンダードは医師の判断です。
インフルエンザ感染の有無が明らかになったとしても、処方された薬剤はきちんと用法用量を守って飲み切ることが重要です。
自己判断が何よりもリスキーである、ということが解熱鎮痛剤の話でも触れられましたが、違和感を懐いたら時間が許す限り医療機関の診断を仰ぐことが自分自身も楽に済み、周囲にも感染を拡大させない方法です。